就職説明会とは

就職活動に取り組む時にまずすべきことは、大学や企業の主催する就職説明会に参加することです。大学の就職説明会では、就職活動のノウハウやエントリーシートの書き方など、就職活動に取り組むに当たって基礎的な説明があります。 (続きを読む…)

求人情報の検索とハローワークの利用方法

就職活動のために求人情報をチェックする方法はいろいろなやり方がありますが、サイトや新聞の他、ハローワークを使うのもいい方法です。ハローワークは公共職業安定所の愛称であり、無料で職探しに利用できる厚生労働省の設置した機関です。ハローワークを利用している人は転職希望者はもちろんのこと新卒者や第二新卒者向けの求人情報もあるので、いろいろな人が活用できるようになっています。 (続きを読む…)

就職や転職の相談

いろいろな人に相談したいと思っているケースも、就職や転職について悩んでいる人には多いかもしれません。本来、仕事は自分のしたい職業に就いてやりがいを感じながら続けていきたいもの。自分のやりたい職業や憧れの仕事があったとしても、うまく就職できるとは限りません。実際働いてみると自分の想像していた仕事とはずいぶんとかけ離れていた内容で、運よく就職できた場合でも転職をすぐにしたくなることもあるようです。 (続きを読む…)

就職先を見つけるための活動方法を模索する

就職とは、自分の人生に多大な影響を与える転換点になる出来事といえます。就職活動を経て、どこで暮らし、何に自分の能力を傾けて生きることになるのか、大事なことをいくつも決定することになります。どんな人とつき合っていくのか、人生に深く影響を与え合う人同士との出会いもあるでしょう。その場の思いつきや衝動で結論を出してしまわずにそれで自分は本当にいいのかをきちんと熟考するようにしましょう。 (続きを読む…)

女性の求人の探し方

どんな方法で女性は求人を探すことができるのでしょうか。女性の求人探しも、景気がなかなか回復しない今の世の中では厳しいものがあるといえます。だからといって探すのをあきらめてしまえば、良い求人に出会うことはありません。近ごろよく行われているのが、インターネットを利用した求人探しです。数多くの求人情報を、家にいながらネットを活用すれば閲覧することができるようになっています。 (続きを読む…)

就職時の面接試験は事前の準備が必要不可欠

大勢の人が、面接を不得意に感じているようですが、採用面接は就職先を決める時には非常に重要なものと言えます。面接をクリアしなければ採用には至らないところがほとんどですので、どうしても対策が必要です。とはいえ、面接までいく前段階で、不採用の通知をもらってしまうこともあります。働きたい会社の求人を探して、採用を希望する会社に応募をしたとしても、面接に行くまでもなく不採用の通知を受け取ることもあります。いわゆる書類審査なのですが、ここを通過すると初めて面接に行き着くのです。 (続きを読む…)

求人情報サイトの使い方

求人をチェックするだけでなく、転職活動をする時には求人情報サイトを活用することで、色々なメリットがあります。求人情報サイトの主目的は、数多く登録されている求人情報から、希望の求人を探すことです。自分の希望の勤務場所や勤務形態など、いろいろな条件を指定して仕事を探すことができます。最近は、働き方も多様化してきたこともあり、正社員では無い仕事も随分と増えてきています。 (続きを読む…)

就職情報誌の利点

就職情報誌の利点は、地域に密着した求人情報が手に入る点にあります。転職先企業の条件に最寄り駅から乗り継ぎなしで通勤可能という点を加味した場合、地域密着な情報が必要になります。通勤時間を取りすぎたくない場合やバイク通勤で通える範囲の仕事を得たいという場合、就職情報誌で近隣地域の求人情報を探すといいでしょう。雑誌による就職情報の場合は、急な欠員を補うための人員募集をしていることが多いので、書類選考が省かれる場合が少なくありません。そのため、電話で問い合わせた直後に面接日時まで決めてしまえることもあります。 (続きを読む…)

求人サイトを利用して転職するときのメリット

求人サイトは、転職活動をスムーズに進める上で、今では多く人が利用しています。かつてはハローワークの求人情報や求人雑誌や新聞広告が定番でしたが、現在は求人サイトを使う人がふえています。求人サイトは、ネットに接続可能な環境にあれば時や場所を問わずに利用できるため、ちょっとした時間の合間にも使えます。会社に勤めていて仕事をしていて時間があまり無い人でも、求人サイトであれば、簡単に仕事探しができます。 (続きを読む…)

就職活動の面接は上手に話せなくても大丈夫

面接を受けることは、就職活動での大きなハードルになっています。就職活動においては会社との相性もあるので、あまり無理をして自分を演出する必要はありません。面接前には、自己PRの方向性を決めておいたり、質問に虚偽無く答える用意をしておきたいものです。最近の就職活動では、役員が入れ代わり立ち代わり、複数の面接までする企業が増えています。 (続きを読む…)